おせち料理の由来は?

おせち料理って当たり前の様にお正月のお料理と思っている方が多いかと思いますが、おせち料理っていつくらいから、どうしてお正月のお料理となったのでしょうか?

おせち料理の「おせち」というのは「お節」と書くのですが、この漢字からもわかる様に、節句の時にいただくお料理のことを表していました。

おめでたいお節句には有り難いお料理をいただくとされ、元は中国渡来の年中行事とされていました。

お節句というのは五つのお節句があり、一月七日の人日・七草の節句、三月三日の上巳・桃の節句、五月五日の端午・菖蒲の節句、七月七日の七夕・星祭り、九月九日の重陽・菊の節句がその五つとされ、その際にいただくお料理を節句料理と呼んでいました。

節句料理は奈良時代あたりから天皇の居所でいただくものでしたが、江戸時代には庶民も節句料理を真似ていただく様になって、現代に至ります。

一年に五回あったお節句ですが、時代の流れとともに、特別にお祝いする家庭は少なくなってきていて、一年の始まりの大切なお正月だけは節句料理をいただくということだけが一般のご家庭でも受け継がれている様です。

おせち料理といえば、お正月のお料理として、年明けにいただく方が多いと思いますが、もともとは年末に年越の時にいただくお料理だったそうです。

お正月と言えばおせち料理、当たり前の様にお正月の風物詩ともいえますが、元々はお正月以外のお節句にいただいていたものだそうです。